2022年07月01日

ダイエットをプロテインで効率的に行う3つの絶対ルール!!

年齢を重ねると、からだの組織が老化し、基礎代謝、筋肉量が低下するため、太りやすくなってしまう。この問題、どうしたら解決できるのか?

タンパク質(プロテイン)ダイエット基礎知識


食事制限をしても痩せない、すぐにリバウンドしてしまう、これは筋肉の元となるタンパク質不足が原因だと言われています。

そもそもタンパク質とは


そもそもタンパク質とは、脂質、糖質と並び、私たちの健康維持に必要な三大栄養素のひとつですね。筋肉や皮膚、髪の毛、臓器など、からだの大部分を作りだしているものなのです。だからこそ、タンパク質が不足すると、体力や免疫機能が低下し、肌荒れ、抜け毛、疲れがひどく、とれにくい、といった体調不良が出てきます。

いかにタンパク質が大事か。また、基礎代謝量と筋肉量は比例するので、筋肉が多いほど、消費カロリーが多く、からだが燃えやすくなるそう。運動するにしても、ある程度の筋肉量がないと、なかなか良い効果が得られないというのも納得できますね。

一日のタンパク質摂取量の目安


一日のタンパク質摂取量の目安は、体重1kgあたり1g、つまり、体重50kgの人は50gとなります。とはいえ、単純に肉50gに含まれるタンパク質が50gというわけではありません。例えば、肉類でいうと、高タンパクで知られる、鶏ささみ100gのタンパク質含有量は約25g程度。魚類では、マグロの赤身100gで26g程度、大豆系で納豆は100gで16g程度です。

豆腐や納豆などの大豆製品を多めに摂取して、野菜や果物をしっかりと摂って、赤身肉、魚介類、卵、そして牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品は少量にして、タンパク質を多く摂取しましょう。動物性、植物性タンパク質を含む食材をバランスよく、量を調整しながら取り入れるのが理想的。

プロテインパウダーを、食事と併用


プロテインパウダーには、主に、『ホエイ(乳)プロテイン』と『大豆プロテイン』があり、水や牛乳に溶かして飲むだけでなく、フレーバーにあわせて食事やスイーツの材料として手軽に摂取できます。ダイエットはもちろん、からだの様々な不調を改善する働きをしてくれるタンパク質。これからもっと上手に、ふだんの食生活にも取り入れていくことを心がけましょう。

まとめ


体にとって必要不可欠の三大栄養素の一角、タンパク質。そのタンパク質不足で太るとは意外だったかもしれません。この機会にしっかり覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック